S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
04« 2017/05 »06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AMDは10月22日、Radeon HD 6800を正式発表した。Radeon HD 6800シリーズは第2世代のDirectX 11対応アーキテクチャを採用したGPUとなり、最高のPerformance-per-wattを実現したという。
 
Radeon HD 6800シリーズはMulti-Display技術である“Eyefinity”やに対応する。出力はDisplayPort 1.2, HDMI 1.4aに対応する。
また、Radeon HD 6800シリーズの発表と同時に、AMDはAMD HD3D technologyを発表し、ゲームや映画におけるステレオ3Dのオープンな3Dイニシアチヴをもたらすとしている。AMD HD3D technologyは400以上のタイトルをサポートし、オープンな3Dエコシステムで3Dソリューションの拡大をコスト効率の優れた形で実現するという。

またRadeon HD 6800シリーズはDirectComputeとOpenCLにも対応する。

Radeon HD 6800シリーズが正式発表されました。価格はRadeon HD 6870が$239、6850が$179となるようです。
そのスペックに関しては諸説流れましたが、最終的にはRadeon HD 6870が1120sp、6850が960spで落ち着き、Shader構成もRadeon HD 5800系同様の5 shader構成となっています。Radeon HD 6000シリーズ全体のコードネームは“Northern Islands”、6800シリーズのコードネームは“Barts”となります
(“Southern Islands”とか言ってたのは何だったのやら・・・)。

“Barts”コアのスペックは以下の通りになります。

◇Barts(Radeon HD 6800)
  ・StreamProcessor数:最大1120
  ・トランジスタ数:17億
  ・ダイサイズ:255mm2

ダイサイズは“Cypress”(Radeon HD 5800)の76%、一方でStreamProcessor数は70%となり、演算性能はRadeon HD 6870で2.016TFlopsとなり5870の74%となります。
“Barts”は“Cypress”同様にSIMDアレイが2個の構成となっています。SIMDコア当たりのStreamProcessor数は“Cypress”同様の80で、“Barts”ではこのSIMDコアが14個搭載されています。

アーキテクチャについても諸説言われていましたが、結局は“Evergreen”系のマイナーチェンジとなったようです。

GPU部門の上級副社長であるMatt Skynner氏が明かしたところによると、オリジナルの“Northern Islands”は32nmプロセスで設計されていたようですが、TSMCが32nmプロセスをキャンセルした為、40nmプロセスで設計せざるを得なくなってしまったようです。

北森瓦版
スポンサーサイト
おら | HOME | #002

Comment

らでおん(笑)
2010/10/30 11:37 | URL | や #- [ Edit ]

Comment Form


to secret
 

Trackback url to this Entry

Trackback to this Entry

| HOME |

枕 様

【向日葵の教会と長い夏休み】応援中!         【向日葵の教会と長い夏休み】応援中!       【向日葵の教会と長い夏休み】応援中!

Leaf 様

WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。